整体やまつばき_	header_image

仙骨と仙腸関節

◇立川市の仙骨矯正の専門院◇

整体やまつばき

整体やまつばき_symbol

〒190-0031 東京都立川市砂川町4-57-44

アクセス

バス停
金比羅橋下車 徒歩3分

営業時間

9:30~22:00
定休(月/木・午前)
祝日は営業します。

お気軽にお問合せください

042-507-0914

The improvement of Adult slight stoop, and instructed it.

"大人猫背(成人猫背)"の原因と改善

 対象のコースはこちら

猫背・姿勢矯正コース

大人猫背(成人猫背)の原因と改善法

1.成人の猫背を頑固にする原因

猫背なだけで老け込み、硬くて丸いといった損なイメージをあたえてしまいます。

ただ、猫背を気にしている女性なら誰でも分かっており、美容のため、不調改善のためにと、人知れず日々努力しています。 

大人の猫背の厄介な点は、その日々の努力の効果を著しく下げ、行き詰まりを感じてしまうところにあります。
 

骨格バランス骨盤の左右差、仙腸関節のズレなど
隆起したコリ 二の腕、首から背中のコリの隆起
猫背への順応 姿勢が崩れた状態で安定

 

・骨格のバランス


成長期を過ぎた骨格はまず変化しないため、不安定な状態で形成された場合はバランスの歪みが将来的に残り続けます。
 

・隆起したコリ


猫背の状態で10年、20年と過ごせば、姿勢の負担によりコリが発達していきます。冷蔵庫のような肩回りや首猫背が進んでいる場合は注意が必要です。
 

・猫背への順応


バランス感覚、運動する神経など、多くの要素が猫背に順応してしまい、正しい姿勢の方だと不安定に感じ、猫背だと安定するという逆転現象が起きます。そのため、姿勢改善がさらに困難となります。

2.猫背の3分類と改善法

猫背と一括りにされたり、一部の部位だけをピックアップした猫背(首猫背等)の説明となっていることが多く、猫背のイメージが人それぞれでバラバラとなってしまい統一されていない印象を受けています。

疾患でない猫背の場合、本人がどの部分で姿勢バランスを意識しているか、または、姿勢の意識そのものがないかとなり、その意識をもとにして何十年とかけて身体をつくります。

それが、首猫背(頚椎猫背)、肩・背中猫背(脊柱猫背)、腰猫背(腰椎猫背)です。
 

首猫背
(頸椎猫背)
首の角度でバランスを調整する
下向きふだけでなく、上向きパターンあり
肩・背中猫背
(脊柱猫背)
いかり肩の様なコリの盛り上がり
肩甲骨に影響がでているパターンあり
腰猫背
(腰椎猫背)
身体全体の角度を変えてバランス調整する
反り腰、屈み腰パターンあり

2-1.首の猫背(頚椎猫背)

頸椎猫背

5kgの重さを斜め角度で調整

首の猫背では、顎の上がり下がりを確認し、猫背のアンバランスさをどのようにしてフォローしているかを把握しなければなりません。

無意識にアンバランスさを補おうと、頭部の約5kgの重さを前に後ろに斜めの角度で調整してしまいますが、筋肉の負担を増大するため猫背を慢性化させます。

とくに顎が上がった首猫背の場合、身体は顎が上がった状態だと力が入りにくく運動能力が低下するため、アンバランスの強度が強くなってしまします。

(図は顎が下がったパターンだが、頭が後ろにぐる顎が上がったパターンあり)

 

  • 顎が上がっている(突き出している)

顎が上がり頭の位置を後ろに倒すことでバランスを保っている
 

  • 顎を下がっている(引いている)

顎を引いているが、頭の位置が前に倒れた分だけ、(歩行や座位等の崩しにより)バランスを保っている

2-1-1 猫背頸椎のほぐし

首猫背では、コリのコルセットで首を固め、「首の動きを制限する」により、暫定的に負担を軽減させています。

斜めの角度を長時間維持すると頸椎への負担が大きく、身体を守る機能の一つとも言えます。
 

しかし、首コリのコルセットがある状態で首猫背を改善するのは困難です。

首猫背での “防御機能”" を使わずに済むよう首をほぐしつつ、バランスの土台となる基礎を整える必要があります。

首の4ラインのほぐし

2-1-2 猫背頸椎の牽引

首猫背では、7つの頸椎に負担がかかっていますが、全体に均等な負担がかかる方がまれで、上・中・下のいずれかを起点にした負担がかかる傾向があります。

例えば、中央から上下に負担が派生するケースもあれば、スワンネックのように真ん中は緩み、上下のみ負担があるケースもあるなど、患者の癖に合わせ一定ではありません。

首の三点牽引

2-2.肩・背中猫背(脊柱猫背)

肩・背中の猫背では、肩の位置とともに、背中にどの程度のコリが発生しているかを確認しなければなりません。

姿勢の悪化により肩が上がり、いかり肩を併発している場合、肩の前から後ろにアメフトの肩パットのようなコリが覆いかぶさっているため、上下左右と立体的に肩の状態を確認します。

前かがみ肩(巻き肩)の場合、肩甲骨の可動域に制限がでているため、その可動域制限の角度や強度を確認します。

なお、左右の肩の位置が均等に前にでるとは限らず、左右どちらかの一方の肩が前にでていつことが多いです。その肩の前へのでが上半身のひねりとなり、背中から腰に掛けて不調のリスクを高めます。
 

  • いかり肩を併発

肩パットのようなコリが肩全体に覆いかぶさっている

  • 前かがみ肩(巻き肩)

肩甲骨の可動域制限、上半身のひねりがあらわれている

2-2-1 猫背いかり肩の矯正

猫背で固まり、いかり肩のように変化した肩に対して、いかり肩用の矯正を行います。

ただし、本格的ないかり肩矯正時のように鎖骨の牽引や牽引肩回しなどは行わず、いかり肩を助長させるコリのほぐしを中心に行います。

それが腋下ラインの胸筋、肩甲骨の外側になります。

肩甲骨のほぐし

2-2-2 猫背肩甲骨の矯正

肩甲骨の可動域に制限がでる段階まで猫背が進んでいる場合や猫背と肩のひねりが併発している場合に、肩甲骨の矯正を行います。

肩甲骨の状態を戻すことで、猫背の助長を予防します。

肩甲骨矯正

2-2-3 胸骨を立てる猫背予防

胸骨と猫背

猫背改善には胸骨を立てる意識

背中を伸ばすのではなく、胸骨を立てるイメージで姿勢を意識すると姿勢はかなり改善されます。

最初は違和感の方が大きいと思いますが、胸骨の位置は上半身のバランス維持には欠かせず、座位でも利用できる点で優れています。

姿勢を突き詰めていくと、骨をどの位置に置き、どの角度のバランスが適しているかという単純な繰り返しになります。

2-3.腰の猫背(腰椎猫背)

頸椎猫背

骨盤を安定させようと
無理な頭の位置に

患者に腰の不調などの自覚症状がなくとも、反り腰や屈み腰の有無を確認しなければなりません。

反り腰は猫背と相性がよく、身体全体を反ることで頭と腰がS字となり前後のバランスを保つため、自然と背中がカーブし猫背を助長させています。

屈み腰は、腰を庇っているものか、加齢によるものか確認します。

腰を庇っている場合は、太もも・ふくらはぎむくみやハリ、足首の硬さ、足の指関節の変形等の下肢症状が強めにあらわれているかを確認します。
 

加齢による腰の曲がりは、医療機関によるはっきりとした診断がでるため、そちらを参考としましょう。

なお、加齢の場合、骨を支える骨格筋が衰退・消失しており回復が困難です。とくに高齢者が筋肉を消失させてしまうと取り返しがつかないため、骨格筋の消失を防ぎいかに現状を維持するかとなります。

 

  • 反り腰

反り腰で、頭と腰をS字にし身体のバランスを保っている

  • 屈み腰

下肢にむくみやハリ、変形などの症状があらわれてい

2-3-1 猫背骨盤への仙骨矯正

腰の猫背により、反り腰や屈み腰が発生している場合、仙骨矯正によって骨格バランスを基礎から整える必要があります。

猫背の改善が目的ならば、基本である仙骨矯正のカテゴリー2(S.O.T: CAT2)を用います。

仙骨矯正の解説

2-3-2 腰椎付近のほぐし

猫背と併せて、腰椎付近の筋肉が硬くなっていた場合、腰椎付近の筋肉をほぐす必要があります。

基本的に脊柱起立筋を意識したほぐしでよく、起立筋をほぐす場合のように筋肉繊維に指先を引っかけるようにし、硬くなった藁の束を振りで隙間をあけていきます。

なお、姿勢による負担増が見込まれる骨盤の境目(腸骨陵の上)はとくに重視してほぐす部位となります。

腰椎付近のほぐし

2-3-3 猫背子宮・卵巣の改善

猫背と子宮・卵巣

猫背により
子宮・卵巣が冷える

子宮・卵巣は常に暖かく保つ必要があることから、骨盤という保温性にすぐれた場所に収納しています。

しかし、猫背だと骨盤がくの字に曲がる(骨盤が立った状態ではない)ため、下腹部に圧迫が生じてしまい子宮・卵巣にストレスを与えてしまいます。

子宮へのストレスは季節に関係なく子宮を冷やすため、ストレスが確認できた場合は、子宮・卵巣に合わせた仙骨矯正を行うなどのケアをします。

営業時間:9:30~22:00
定休日 :月/木・午前
※土日・祝日は営業します!

お問合せはこちらへ

042-507-0914